遺言 トラブル

ビル

兄弟の相続争い回避のために遺言書が有効です。

親の亡くなる年代になると周りで聞かれるのが相続に関するトラブルです。
兄弟間で財産を巡って争いが起こるというのをよく耳にします。
ひどい際には裁判にまで至るケースもあるようです。
沖縄では仏壇を長男が引き継ぐので財産もそのまま長男が引き継ぐというパターンが多いです。
男兄弟が多いとやはり別々の家庭の事情もあり、親が配分したり、兄弟同士で分け合ったりすることもあります。
問題は話合いでスムーズに解決しない場合です。
親の面倒を必ずしも長男が見てきたわけではないことだってあります。
兄弟それぞれが自分の財産相続を主張してきます。
今のご時世だと住宅ローンや教育にかかる費用が必要で、誰だってお金は欲しいでしょう。
そんな時、親が遺言を残していたら状況は全く変わってきます。
今は生前に弁護士などを通して遺言を残すことができます。
将来の家族間のトラブルを避けるためにも遺言書の作成は賢明です。
ただ親が古いタイプの人間だと、自分の死を想定しているのが嫌でなかなか踏みきらない場合も多いです。
一番良いのは親が心身共に元気なうちに、話合いでもって財産分与を決定することでしょう。

関連情報一覧

兄弟の相続争い回避のために遺言書が有効です。

高齢者自身の意思を尊重する遺言書

均等に分割できなかったので遺言を作成しました

遺産を相続するときの法律