遺言 トラブル

ビル

父の死後に遺言トラブルに巻き込まれました。

先日父の七回忌の行いをしましたので、父親が死んでもう7年ぐらいも経つのかと年月のはやさには驚くばかりです。
私が中学生になったころ父親と母親がよく喧嘩をするようになりました。
今までは私たち三人兄弟がまだ幼稚園や小学生に通った頃には母が怒りを抑えて我慢していたらしいのです。
それが私たち兄弟がある程度大人の言葉も少しづつわかるようになってからは、母も遠慮なく夫婦喧嘩をするようになりました。
けれども、夫婦喧嘩は犬も食わぬ、ということわざにある通り一度だけ夫婦喧嘩に口出した覚えがあります。
その時初めてこれは私たちの手におえないとよくわかりました。
その父も死にました。
その後に司法書士から一通の手紙が届きました。
父が書いた遺言が来ました。
その遺言には母には何も残さないですべて私たち兄弟三人に土地や保険金などを仲良く三等分するよう書いてありました。
あれだけ夫婦喧嘩をしても父は母にはずいぶんと助けられたはずなのに母には1文も残さず夫婦喧嘩のしっぺ返しを受けたのでした。
俗にいう遺言のトラブルです。

会社設立のご相談

最良の選択ができる法律事務所

給与明細を電子化するならe-naviタイムシートがオススメです

その日は突然やって来る

後遺障害の認定
必要な書類をご紹介します

関連情報一覧

兄弟の相続争い回避のために遺言書が有効です。

親の亡くなる年代になると周りで聞かれるのが相続に関するトラブルです。
兄弟間で財産を巡って争い

高齢者自身の意思を尊重する遺言書

現在の高齢者は若い世代よりも、多くの資産を所有していると言われています。
そのため現在の高齢者

均等に分割できなかったので遺言を作成しました

私の両親は若いときから、不動産投資を何度も行っていました。
当時の土地の値段は、戦後から継続し

遺産を相続するときの法律

日本の個人の資産は、若い人はそれほど所有していなくて、高齢者が多く所有しています。
そのため高